使い方

接続方法

簡単な接続方法をご紹介します。

①AKaDako(もしくはAkaDako STEAM BOXプロトタイプ)とパソコンをUSBケーブルでつなぎます。
※Groveのデバイスを使う場合は、Grove動作確認済リストで型番・接続ポート・使用ブロックを確認してください。

②本ページ上部にある「プログラミングかんたんスタート」の緑色のボタンをクリックしてください。

③このような画面になったら、Scratchのプログラミングを開始してください。緑色の旗をクリックすると「ボードを接続する」のブロックが実行され、接続先を選択するダイアログが表示されます。

④ダイアログが表示されたら「AkaDako」を選択して「接続」をクリックすれば接続完了です。
※このダイアログは初回の接続時に表示されます。同じ環境であれば次回は表示されません。

接続状態を確認する方法

正常に接続されているかどうかの確認方法は2つあります。

ブラウザのタブにアイコンが表示されるようになります。

ブロックパレットではAkaDakoのインジケータがオレンジから緑に変わります。

Scratch互換環境 Xcratch,Stretch3について

オフィシャルのScratchではまだ自由に拡張機能を追加することができません。当面はScratchの相互環境XcratchおよびStretch3でのご利用となります。本ページ上部にある「プログラミングかんたんスタート」のボタンのリンク先はXcratchを使用しており、あらかじめ用意したプログラムをパラメータで読み込む簡略化手順となっています。AkaDakoの拡張機能を追加するマニュアルでの手順は以下の通りです。

Xcratchの場合

Xcratchにアクセスし、画面左下の「拡張機能を追加」をクリックします。

拡張機能を選択するページで「拡張機能を読み込む」をクリックします。

ポップアップ表示された入力欄に、
https://tfabworks.github.io/xcx-g2s/dist/g2s.mjsを入力してOKをクリックします。

AkaDakoの拡張機能が使えるようになります。

Stretch3の場合

Stretch3にアクセスし、画面左下の「拡張機能を追加」をクリックします。

拡張機能を選ぶページで「AkaDako」をクリックします。

AkaDakoの拡張機能が使えるようになります。

他の拡張機能との組み合わせで広がるAkaDakoの世界

XcratchおよびStreach3では、多くの拡張機能を追加する事が出来ます。AkaDakoと他の拡張機能を組み合わせる事により、音声ロボット、AI、IoT、双方向通信等の様々な作品を簡単に作る事が出来ます。

音声合成

しゃべるロボットが作れます。
Groveの超音波距離センサーと組み合わせると、50cmより近づいたら「こんにちは」としゃべるプログラムが数ブロックで作れます。

追加手順
– 画面左下「拡張機能を追加」→「音声合成」

音声認識 Speech2Scratch

ディープラーニングによる音声認識が利用出来ます。人の言葉を認識してアクションをおこすプログラムを簡単に作る事が出来ます。

Speech2Scratch
Speech2Scratchのブロック

追加手順
– Streach3の場合:画面左下「拡張機能を追加」→「音声認識」
– Xcratchの場合:画面左下「拡張機能を追加」→「拡張機能を読み込む」→ 「https://champierre.github.io/speech2scratch/speech2scratch.mjs 」を貼り付け
(AkaDakoとSpeech2Scratchの読み込み済みリンクはこちら

画像認識 ML2Scratch

機械学習による画像認識が可能になります。人の顔を認識して、アクションをおこすプログラムを簡単に作る事が出来ます。
https://champierre.github.io/ml2scratch/ml2scratch.mjs

ML2Scratch
ML2Scratchのブロック

追加手順
– Streach3の場合:画面左下「拡張機能を追加」→「ML2Scratch」
– Xcratchの場合:画面左下「拡張機能を追加」→「拡張機能を読み込む」→ 「https://champierre.github.io/ml2scratch/ml2scratch.mjs 」を貼り付け
(XcratchでAkaDakoとML2Scratchの読み込み済みリンクはこちら

データベース NumberBank

クラウド上のキーバリューストアが利用出来ます。Scratch間の双方向通信やIoT的な作品作りが可能となります。AkaDakoに接続されたセンサーの値を、別のScratch環境に伝えたり、遠隔でサーボモータを動かしたりする事が出来ます。

追加手順
– Streach3の場合:画面左下「拡張機能を追加」→「NumberBank」
– Xcratchの場合:画面左下「拡張機能を追加」→「拡張機能を読み込む」→ 「https://con3office.github.io/xcx-numberbank/dist/numberbank.mjs 」を貼り付け
(XcratchでAkaDakoとNumberBankの読み込み済みリンクはこちら

※お願い:AkaDakoでNumberBankをお使い頂く場合はマスターkeyは「akadakodb」をお使い下さい。

IFTTT Webhook

異なるプラットフォームをつなげてくれる IFTTT が利用出来ます。
AkaDakoに接続したセンサーで雨を検知したら、LINEに通知をするプログラムも作る事も出来ます。

センサーの値をグラフ化(参考)

センサーを値の変化をScratchでグラフにする事も可能です。グラフを描くサンプルプロジェクトはこちら
サンプルプロジェクトの使い方
-「グラフ開始」メッセージを送って「グラフ:値」にセンサーのデータを書き込み続ければOK.
– 「グラフ停止」メッセージで描画停止
– 「グラフ終了」メッセージでグラフ消去
カスタマイズ方法(変数)
– 「グラフ:サンプリング周期(秒) 」 デフォルト は1秒
– 「グラフ:描画周期(秒)」デフォルトは1秒
– 「グラフ:モード」デフォルトは「折れ線グラフ」。値を「折れ線グラフ2軸」にして「グラフ:値2」にデータを書き込むと2つのデータの比較が出来る。
– 「グラフ:レンジ(秒)」デフォルトは0=全データ表示。10にすると最新の10秒分のデータ表示。

プログラム共有サービス

Scratchの互換環境Xcratchで作成して保存したプログラム(sb3ファイル)について、ワンクリックで開けるURL(公開リンク)を生成する実験サービスをご用意しました。こちらからご利用ください。