レンタル・研修受付中

プログラム共有サービス(α版) 解説

プログラム共有サービスを使用するためにはアカウント作成が必要です。アカウント作成済の方はログインしてご利用ください。

プログラム共有サービス(α版)とは

 Scratchの互換環境Xcratchで作成して保存したプログラム(sb3ファイル)について、ワンクリックで開けるURL(公開リンク)を生成する実験サービスです。

ご利用方法

  • Xcratchの上部メニュー「ファイル」⇒「コンピューターに保存する」で、プログラムをsb3ファイルとして保存します。
  • 本サービスにログインします。
  • 右上の「アップロード」をクリックして、保存したsb3ファイルをアップロードします。
  • アップロードすると共有URLが生成されます。editorがScratchのブロックが見える状態へのリンク。playerがScratchのブロックが見えない状態(ステージ全画面表示)へのリンクとなっています。

注意事項

  • 本サービスはあくまでも実験サービスです。予告なくサービスを中止、変更させて頂く可能性があります。お手元の原本のsb3ファイルは大切に保管しておいて下さい。
  • 本サービスでアップロードしたsb3ファイルは誰でもアクセスが出来る状態となります。個人情報や著作権違反、第三者に対して誹謗中傷となるようなコンテンツが含まれるプログラムは決してアップロードしないで下さい。詳しくは、利用規約を参照願います。
  • Stretch3や本家Streachで作成したsb3ファイルは、本サービスでは正常に動作しない場合があります。

AkaDakoニュースレター登録

AkaDakoの最新情報をご希望の方は是非ご登録ください。
登録後、@tfabworks.com から承認メールが送信されるので
事前にメール受信の設定のご確認をお願いします。